老眼の症状を事前にチェック!対策を取っておくのがおすすめ

物が見えにくくなったら

女性

最初に近点チェックを

老眼は誰にでも現れる可能性の高い目の病気であり、高齢になればほとんどの方が老眼になると考えられています。また近年パソコンやスマホの普及により、普段から目を酷使する生活が増えており30代や40代で老眼を発症するなど、老眼は若年化しています。老眼は突然になる病気ではなく、年を重ねながら徐々に進行します。もしも、物が見えにくかったり、近くの物が見えにくいなどの症状がある様であれば老眼を疑ってみる必要があります。老眼はセルフチェックで確認できます。簡単に出来る方法が近点チェックと言われる方法で、人差し指の腹を目の前にかざし、手前から徐々に遠ざけていく方法で症状を調べする事が出来ます。すると、人差し指の指紋がはっきりと見え、ピントが合う場所があります。そこが近点と言われる場所であり、目から30cm以上離れていたら要注意で老眼の可能性が高まります。しかし、両目で指先を見ている為、乱視や近視が強い方にはこのチェック法では症状を正確に判断できません。この他、老眼の代表的な症状には以下の様な症状があります。、手芸や針仕事など、細かい仕事がしずらくなった、近くの物を見る時に目を細めたり、眉間に力が入ってしまう、遠くを見てから近くを見た時、ピントが合うのに時間がかかる、新聞や読書で細かい文字を見た後に、頭痛や肩こりが起きやすいこの様な症状が40歳を過ぎて複数出ていたら老眼の可能性が高く、一度眼科で診察した方が良い状態にあると言えます。

Copyright© 2018 老眼の症状を事前にチェック!対策を取っておくのがおすすめ All Rights Reserved.