老眼の症状を事前にチェック!対策を取っておくのがおすすめ

メガネ

起こる原因

老眼は加齢により、水晶体が固くなる、虹彩の筋肉や毛様体小帯が衰えることが原因で起こります。近くのもの小さい文字が見えにくい、薄暗いところでものが見えにくいといった症状に自覚がある方は、老眼鏡もしくは遠近両用コンタクトレンズで老眼対策をすることをおすすめします。

詳しく見る

メガネ

諦めずに改善させる

年齢を重ねていくとさまざまな老化現象が出てきますが、その一つが老眼です。いつもと同じ感じで腕時計をチェックしたら、ピントが合わないことがあります。この症状こそ老眼のはじまりでしょう。口コミ等では人参ジュースが良いと言われていますので、毎朝欠かさず飲むと良いです。

詳しく見る

女性

物が見えにくくなったら

老眼は加齢と共に誰にでも発症する目の病気です。病気と言っても深刻な病気ではなく、眼の老化現象とも言われている症状です。最近、物が見えづらいと感じたらセルフチェックしてみる事が必要で、出来る事なら早めに眼科でチェックしてもらえばより確実で安心できます。

詳しく見る

メガネ

若い人も要注意

ただ単純に物が見えづらくなるだけではなく、近くの物が見えにくい場合には疲れ目ではなく老眼の症状である可能性があります。目のピントを合わせる働きをしている毛様体筋の衰えが原因です。40代になると現れることが多いとされていますが、一般的な老眼とは別に若い人の間ではスマホ老眼になる人が増えています。

詳しく見る

男性

避けたい目の疲れ

年齢とともに色々な部分が老化していきますが、その中の一つが老眼です。この老眼ですが、仕事で細かい文字を観るときは何度もピントが合わなくて苦労します。老眼に効果があるサプリメントがありますので、こんな症状で困った時は利用しましょう。

詳しく見る

目の健康を守るために

男女

予防法と対策

目の中には、カメラのレンズのような役割を担う、水晶体という物体があります。水晶体の周りには筋肉があり、その筋肉が収縮することによって、物を見ることが出来ます。しかし、加齢などが原因によってその筋肉の収縮がうまくいかなくなると、老眼という症状が現れます。老眼の代表的な症状は、新聞や本、携帯電話の文字など、近くのものが見えづらくなるということです。また、部屋の中が暗く感じるようになった、頭痛や肩こりが頻発するようになった、目がかすんだり、しょぼしょぼしたりすることが増えた、というのもよくある症状です。このような症状が現れたら、老眼であることを疑ってみましょう。一度老眼になってしまうと、健康な目に戻るのには多大な時間がかかるので、普段から老眼にならないための対策を取っておくのがおすすめです。対策の一つとして有効なのが、サプリメントの摂取です。カロテンやルテイン、アスタキサンチンなどのサプリは、抗酸化作用があり、目の疲労を防いでくれます。また、目への栄養を補助し、水晶体の筋肉を若々しく保ち老眼や近眼を予防する効果があります。また、お風呂上りなどのリラックスしているときに、目のマッサージや眼球の運動をするのも効果的です。マッサージや眼球運動を行うことで血行が改善され、筋肉が鍛えられます。意識的に行うと良いでしょう。目の健康を守るために、日ごろから老眼、近眼対策はしっかりと行っておきましょう。

Copyright© 2018 老眼の症状を事前にチェック!対策を取っておくのがおすすめ All Rights Reserved.